防水工事を行なって雨漏りから車を守ろう〜車庫に合った対策法〜

車庫の雨漏りは危険~早めに対策しておきたい防水工事の基礎~ 車庫の雨漏りは危険~早めに対策しておきたい防水工事の基礎~

車庫の雨漏りによって起こる車への被害

車庫は愛車を風雨から守ることや、防犯のためにも必要です。それなのに、もし雨漏りが発生してしまったら車庫の防水工事を検討しましょう。

防水工事業者による補足情報

車庫の構造はそれぞれですが、一番の原因としてはコンクリートの割れやひびが原因で雨水がしみ出したケースが挙げられます。特に、地下車庫や掘り込み式の車庫にこのようなケースが頻出します。地面に染みた雨水がコンクリートを伝って雨漏りに発展しますので、自動車の塗装の色あせやサビの発生の他、アオコが自動車に付着するなどの懸念があるため、愛車を守る対策も必要です。 ""

雨漏りを発見したら早期対策

私たちが一般的に認識する「コンクリート」は雨をしのぐというイメージがありますが、厳密に言うと防水効果はありません。最近のコンクリート工事の場合、防水工事をしっかり行なうことが基本的原則となっていますが、彫り込み式車庫の構造が人気となり始めた頃突貫工事による作業が増え、防水工事がなされないケースも多くありました。また、経年劣化や地震などによるダメージも重なり雨漏りが増えてしまうのです。古いコンクリート作りの車庫をお使いの方は、愛車を守るためにも防水工事は必須です。

用途によって異なる防水工法

水の力は大きく、初めは浸みている程度の雨漏りでもコンクリートを破壊するほどの力に発展することもあります。愛車や土地を守るためにも雨漏りを発見したら早急に防水工事を施しましょう。

車庫によって変わる

では、私たちの生活に欠かせない車庫に適した防水工事とはどういったものなのでしょうか。実際に見ていきましょう。

TOPボタン